Catalyst Prepare™

Catalyst Prepare Catalyst Prepare
最終的な制作前のアシスタントとして機能し、簡単かつ直感的なカメラ、デッキ、またはカード リーダーの参照、クリップの表示、安全なバックアップ用メディアのオフロード、メタデータの表示および編集、Sony Pro のさまざまな形式への一括コピーおよび一括トランスコード、最初のパスの色補正の正確な実施などを行うことができます。

カメラ撮影から投稿までの流れを迅速でシンプルかつ確実なものに

メディア制作は、より複雑になり納期も厳しくなっているため、プロジェクトの納期を厳守しながら、エディタでの作業を軽減できるツールが必要です。Catalyst Prepare では、幅広く普及している各種カメラを使用した場合でも、プロジェクトのあらゆる映像にすばやくアクセスし、整理と準備を行うことができます。簡単な初期カラー グレードを使ってラフ カットのストーリーボードを作成して、編集およびレビュー プロセスまでジャンプ スタートすることができます。その後、直接レンダリングしたり、ワークフローで使用する他の一般的なツールに EDL をエクスポートしたりできます。

高速

  • Sony RAW および S-Log クリップを含むショットを即座に確認
  • 1 つのアプリケーションをめぐるカメラ メディアの論争問題を解決
  • 厳しい納期のプレッシャーを軽減。コピーするサブクリップを迅速に確認および特定し、クリップ全体の転送にかかる時間を削減

簡易

  • シンプルで一貫性のあるユーザー インターフェイスは、Mac OS X と Windows プラットフォームで同じものを使用
  • 操作方法を簡単に習得できるシンプルで強力なインターフェイス
  • Sony Media Cloud Services Ci への安全かつ統合されたクリップのアップロードにより、クラウド ベースのコラボレーション作業においてチームでのレビューが可能
  • 直感的な設計により、各ステップに必要なツールをすぐ判断できるため、負荷が大きく煩雑で混同しやすいこれまでのツールは不要に

確実

  • 統合されたチェックサム検証によって、カメラ メディア全体を確実にバックアップ
  • メディア ライブラリを自動的に保存し、重要な編集内容を継続的に保存
  • カラー ワークフローの正確な管理によって、Sony RAW および S-Log ソースの精度と整合性が確保される

シンプルなワークフロー

見やすい最新のインターフェイスでは、1 つの画面から、重要な組織のタスクおよび準備タスクのすべてにアクセスすることができます。クリップの参照および表示、安全なバックアップの作成、制作用 PC または外付けハード ドライブへのクリップのコピー、各種形式へのトランスコード、ラフ カット ストーリーボードの作成、コラボレーション レビューのため Sony Media Cloud Services Ci へのアップロードを行うことができます。

参照および表示

複数のデバイスを参照して、カメラ、デッキ、またはカード リーダーからメディアを直接表示します。関連付けられたメタデータとともにサムネイルまたはリストでクリップを表示します。すばやくズームしてフォーカスを確認し、ルックを適用して色を確認して、メタデータを表示および追加することができます。再生中のマーク イン ポイント/マーク アウト ポイントまたはタイムラインのスクラブを行い、マーカー ポイントをログ記録してクリップの重要な部分をフォーカスすることができます。サブクリップを作成して、長いファイルの重要なセクションをキャプチャすることができます。

コピー

制作用ドライブおよびバックアップ用ドライブへのすべてのメディアのコピー、選択したメディアのコピー、または選択したメディアの部分コピーを行います。強力なチェックサム検証を使用してカメラ カードのフル バックアップを作成し、再フォーマットする前に大切な制作コンテンツのコピーを確実に作成します。

トランスコード

インターネットやタブレットに特化した配信から 4K の大画面表示まで、広範囲にわたる各種フレーム レートと解像度を使用する、AVC/AAC(.mp4)、DPX、ProRes(Mac のみ)、DNxHD、MP3、WAV、WAV64、OpenEXR、SStP、XDCAM、XAVC などのさまざまな形式への一括トランスコードを行います。トランスコード プロセスでは、必要に応じて、色調整を含め、出力色空間を選択します。オリジナルのコピーに変更を加えずに、ファイルをトランスコードします。トランスコードしたファイルの名前を変更します。バックグラウンド トランスコーディングにより、次のメディア セットの作業および確認を継続できるため、待つ必要がありません。

共有:

ファイルのグループ、1 つのファイル、選択したファイルの一部、またはストーリーボードを Sony Media Cloud Services Ci にアップロードします。Ci でメディア ボックスを作成して、クラウド経由でスタジオなどにファイルを移動できます。安全なワークスペースを作成し、メディアをアップロードして、関係者を招待し、クラウド ベースのコラボレーションを実現。フレームレベルを確認しコメントを入力することができます。Sony Ci の詳細Sony のアセット管理製品、Media Navigator にメディアをアップロードします。Media Navigator の詳細
オフロード

オフロード

チェックサム検証を使用して複数のメディア カードをバックアップします。
デュアル アプリケーション ワークフロー

デュアル アプリケーション ワークフロー

Mac では、ウィンドウの自動サイズ変更機能や新しい分割ビューを使用して、Catalyst Prepare から Catalyst Edit にドラッグ&ドロップ機能を利用できます。

ライブラリおよびビンにクリップを整理

Catalyst Prepare は、メディアを目標とするわかりやすいライブラリとビンに整理することができる主要な編成および制作ツールです。真っ白な原稿で制作プロセスを開始し、適切なメディアの検索、サブクリップの作成、および原稿の作成は、これらのタスクに特化して設計されている専用ツールのストーリーボード上で行うことができます。
オフロード

ログ

再生中のマーク イン ポイントおよびマーク アウト ポイントまたはタイムラインのスクラブを行い、マーカー ポイントをログ記録してクリップの重要な部分をフォーカスすることができます。サブクリップを作成して、長いクリップの重要なセクションをキャプチャすることができます。
ログ

編集モード

詳細の表示、フォーカス確認のための拡大、マーク イン/アウト ポイント、影響を与えない色の調整、および頭に描いたビジョンの原稿としてストーリーボードを作成することができます。編集モードでは、各クリップの重要な要素でゼロに設定することができます。サブ クリップを使用すると、各クリップの最適な部分に簡単にアクセスできます。ストーリーボードへのファイルのグループの格納、トリム、および番号付けを行うことができます。色調整を適用することもできます。ストーリーボードは、さまざまな形式にレンダリングしたり、メディアに EDL としてエクスポートしたりして、Vegas Pro、Apple Final Cut Pro、AVID Media Composer、Adobe Premiere、Da Vinci Resolve などに送信することができます。編集モードでは、フラッシュ撮影によって生成されたフラッシュ バンドの不具合を自動的に検出して補正することもできます。
タッチ操作を使用可能

タッチ操作を使用可能

ジェスチャを使用して、再生の開始および停止、フォーカス確認のためのズームとパン、ファイルの選択と移動、色調整コントロールなどを行うことができます。
Pro SDI モニタリング

Pro SDI モニタリング

重要な色調整の場合に、Blackmagic SDI または UltraStudio デバイスを通じて外部参照モニタに出力します。
GPU による高速化

GPU による高速化

Catalyst 製品ファミリー全体が、Intel、NVIDIA、および AMD の最新の GPU デバイスの利点を活用して、再生およびトランスコーディングをエンハンスしています。最適な GPU デバイスが自動的に選択されます。

ネイティブ形式のサポート

Catalyst Prepare は、XDCAM SD および HD、XDCAM EX、XAVC-Intra、XAVC Long-GOP、XAVC S、NXCAM、Sony RAW、HDCAM SR(SStP)、AVCHD、AVC H.264/MPEG-4 などの Sony プロ製品をネイティブでサポートしています。DNxHD、HDV、および DV と ProRes もサポートされています。ストーリーボードを作成するときは、すべての形式をミックスおよびマッチングできます。マルチチャンネル ファイルも問題ありません。Catalyst Prepare は最大 16 のチャンネルのオーディオ ファイルをサポートしています。サポートされているビデオ形式およびデバイス。

正確な最初のパスの色補正

S-Log または Sony RAW 形式でプロフェッショナルのカメラ撮影と同じ高ダイナミック レンジおよび広色再現域での作業が可能です。ソース色空間、変換色空間、およびグレード イン色空間を設定します。ルック プロファイルを適用できます。波形/ベクトルスコープ/ヒストグラムの表示中に、明るさ、コントラスト、トーン曲線、カラー ホイール、カラー補正スライダーを使用して、色を調整することができます。新しい色の調整を加えたファイル、または標準の ASC-CDL として設定を保存したファイルはトランスコードして、後で最終セッションに適用することができます。カラー グレーディング ツールも、ACES カラー管理システムをサポートしています。プレビュー表示を、前、後、分割、2 アップ ビューに設定して、調整前と調整後を比較することができます。

接線サーフェス コントロールのサポート

サーフェス コントロール デバイスの接線波または接線要素ラインを Catalyst Prepare とともに使用できます。これらのデバイスは、ビルトインの色補正ツール専用のハードウェア コントロールを提供します。再生および取り消し/やり直し機能に加えて、RGB、リフト、ガンマ、ゲインをスムーズに調整できます。
接線サーフェス コントロールのサポート

Catalyst Prepare の詳細を確認

このソフトウェアの使用方法については、アプリケーション ヘルプを参照してください。

Catalyst Prepare の動作環境

  • 64 ビット オペレーティング システム:Microsoft® Windows 7、Windows 8.1、Windows 10、または macOS 10.11(El Capitan)、10.12(Sierra)
  • 2 GHz マルチコア プロセッサ(4K メディアには 8 コアを推奨)
  • 500 MB 以上のハードディスク空き容量(プログラムのインストール用)
  • 4K メディア対応 SSD(ソリッドステートドライブ)または高速 RAID
  • 4 GB RAM(8 GB 推奨、4K メディアには 16 GB 推奨)
  • 512 MB 以上のメモリ(4K メディアには 2 GB を推奨)を搭載した OpenCL 1.1 以降に対応する NVIDIA、AMD/ATI、Intel GPU、または SSE 4.2 以降に対応する CPU。最適なパフォーマンスを得るには、OpenGL 2.1 を使用することをお勧めします。
ソフトウェアを有効にするには、登録情報を米国の Sony Creative Software Inc. に送信する必要があります。製品のオンライン登録が必要です。
Catalyst Browse
Catalyst Browse

Free

Powerful clip-management tool for the latest portfolio of Sony cameras and decks
  • Browse the media on your camera, card reader, or Professional Disc
  • View metadata details
  • Copy all files or a subset of select files
  • Transcode and upload to the cloud
  • Mac OS X and Windows
Catalyst Prepare
Catalyst Prepare Subscription

US$149.95/year

CHOOSE VERSION:
年間プラン
年間プラン
毎月のプラン
Post-production workflow.
Catalyst PrepareCatalyst Edit
Catalyst Production Suite Subscription

US$199.95/year

CHOOSE VERSION:
年間プラン
年間プラン
毎月のプラン
Focused, fast production for 4K, RAW, and HD video
Sony Creative Software inspires artistic expression with its award-winning line of products for digital video production. The Catalyst Production Suite fuses powerful media preparation and fast, focused video editing to provide the backbone for your video productions.
サイン アップ
Follow Us Facebook Twitter YouTube