色調整コントロールの編集

カラー グレーディングをすべてのクリップに一様に適用するには、インスペクタ の色調整コントロールを使用します。色補正の設定をファイルに反映させるには、トランスコードして新しいファイルを生成します。詳しくは、"クリップの保存と共有."を参照してください。

Catalyst Browse を View Only Mode で起動した場合、色調整の機能は使用できません。


色調整用のクリップ/クリップ リストのロードと、波形、ヒストグラム、およびベクトルスコープ モニタの構成

  1. Catalyst Browse]ウィンドウの上部にある参照ボタンをクリックして、メディア ブラウザを表示します。

  2. [色の調整]ワークスペースを表示するには、以下いずれかの操作を実行します。

    • 参照ペインでクリップを 1 つ選択し、[Catalyst Browse]ウィンドウの下部にある[色の調整]ボタン をクリックします。

      Catalyst Browse]ウィンドウのサイズを変更すると、[調整]メニュー [色の調整][レンズブリージング補正][クリップの手ブレ補正] ボタンを使用できます。
    • 参照ペイン内の画像を右クリックし、ショートカット メニューから[色の調整]を選択します。

    • メディア ブラウザ内のクリップまたはクリップ リストをダブルクリックすると、そのクリップがロードされます。[Catalyst Browse]ウィンドウの下部にある[色の調整]ボタンをクリックします。

      Catalyst Browse]ウィンドウの[色の調整]ワークスペースに、波形/ヒストグラム/ベクトルスコープ モニタ、ビデオ プレビュー、およびビデオの色を調整するためのカラー コントロールが表示されます。

  3. 波形/ヒストグラム/ベクトルスコープ モニタ、およびビデオ プレビュー ウィンドウで、カラー値を変更しながら調整結果をモニタできます。

    [オプション]の[プレビューの色空間]設定は、波形、ヒストグラム、およびベクトルスコープにも適用されるため、スコープを使用してビデオを確認できます。詳しくは、"Catalyst Browse オプションの編集."を参照してください。

    • 波形モニタを切り替えるには、ウィンドウの下部にある[波形]ボタン をクリックします。

      波形モニタには、ビデオ信号の輝度値(明るさまたは Y コンポーネント)が表示されます。モニタは垂直軸で輝度値をプロットし、水平軸はフレーム幅に相当します。

      オーバーレイ()または RGB 独立()の波形を表示します。以下のボタンで各コンポーネントを単独で表示します。

      波形設定

      [波形の設定]メニューを開くには、[設定]ボタン をクリックします。[波形の設定]メニューを使用して、波形モニタのスケールを変更したり、HDR クリップのグレーディングを行うときの AIR Matching を有効にしたりすることができます。

      [設定]ボタン は、[作業色空間]ドロップダウンが[Rec-2020/S-Log3(HDR)]に設定されていて、[プレビューの色空間]ドロップダウンが[Rec.2020/S-Log3][Rec.2020/HLG][Rec.2020/HLG AIR Matching][Rec.2020/HLG(バイパス OOTF)][Rec.2020/PQ][Rec.2020/PQ AIR Matching]、または[Rec.2020/PQ(バイパス OOTF)]に設定されている場合にのみ使用できます。

      詳しくは、 "色管理設定""Catalyst Browse オプションの編集."

      [%]または[Nits]ボタンをクリックすると、波形に表示される単位を変更できます。

      [プレビューの色空間][Rec.2020/HLG][Rec.2020/HLG AIR Matching][Rec.2020/HLG(バイパス OOTF)]に設定されている場合は、1000 cd/m2をピーク輝度として[Nits]値が計算されます。

      [プレビューの色空間]ドロップダウンが、[Rec.2020/S-Log3]に設定されている場合は、[AIR Matching]スイッチを使用して AIR(Artistic Intent Rendering)Matching を切り替えて、Rec.2020/S-Log3 ベースのグレーディングと、構成されている HLG(hybrid log-gamma)または PQ(Perceptual Quantizer)モニタの映像を同じにすることができます。

      [プレビューの色空間]ドロップダウンが[Rec.2020/HLG AIR Matching]または[Rec.2020/PQ AIR Matching]に設定されている場合、[AIR Matching]スイッチは自動的にオンになります。

    • ヒストグラム モニタを切り替えるには、ウィンドウの下部にある[ヒストグラム]ボタン をクリックします。

      ヒストグラム モニタには、各カラー値に一致するピクセル数を表現します。垂直軸はピクセル数を表し、水平軸は 0 ~ 255 の RGB カラーの範囲を表します。

      オーバーレイ()または RGB 独立()のヒストグラムを表示します。以下のボタンで各コンポーネントを単独で表示します。

    • ベクトルスコープ モニタを切り替えるには、ウィンドウの下部にある[ベクトルスコープ]ボタン をクリックします。

      ベクトルスコープ モニタを使用すると、ビデオ信号のクロミナンス値(カラー コンテンツ)をモニタできます。モニタは、カラー ホイールの色相と彩度をプロットします。

      ベクトルスコープには、ブロードキャストに規定されている赤(R)、マゼンタ(Mg)、青(B)、シアン(Cy)、緑(G)、および黄色(Yl)の彩度のターゲットが表示されます。ビデオ信号の個々の色は、ベクトルスコープ内ではドットとして表示されます。スコープの中心からドットまでの距離は彩度を表し、ドットからスコープの中心までの線の角度は色相を表します。

      例えば、画像に青の色合いがある場合、ベクトルスコープ内でのドットの分布はカラー ホイールの青の部分に集中します。画像が範囲外の青の値を含む場合は、ベクトルスコープの表示は青のターゲットを超えます。

      ベクトルスコープを使用して、シーンとシーンの間の色を調整できます。調整をしないと、複数のカメラで撮影したシーン間の色味が明らかに異なる場合があります。

      [ベクトルスコープの設定]メニューを開くには、[設定]ボタン をクリックします。

      [ベクトルスコープの設定]メニューを使用すると、スコープのモノクロ表示の切り替え、スコープのスケールの変更、スコープに表示されている色の明るさの調整、スコープのガイド(格子線)の明るさの調整を行うことができます。

      ブロードキャスト用に色補正を行う場合は、75% の[スケール]設定を使用します。より広範な色再現域を持つフィルムまたは Web 配信用に色補正を行う場合は、100% の設定を使用します。

    • [ビデオ プレビュー]ウィンドウにはポジション バーが示す位置の画が表示されます。

    プレビュー モードを選択するには、ビデオ プレビューの右上隅にある[プレビュー]ボタンをクリックします。分割画面プレビューでは、ビデオ プレビューと波形/ヒストグラム/ベクトルスコープ モニタを分割できるので、補正前と補正後のビデオを同時に確認できます。

    • 適用前:色補正適用前の画が表示されます。

    • 適用後:色補正適用後の画が表示されます。

    • 分割:画面分割で表示されます。左側が色補正適用前、右側が適用後です。

      分割場所を移動する場合は、プレビュー フレーム上にカーソルを置きます。分割ポイントが表示されたら、画面の上部と下部にあるハンドルをドラッグして、プレビューを分割する場所を調整できます。

    • 2 アップ:Side by side で表示されます。左側が色補正適用前、右側が適用後です。

カラー ホイールの調整

[色の調整]ワークスペースには、[Catalyst Browse]ウィンドウの下部に、リフト、ガンマ、ゲイン用のカラー ホイールがあります。現在のレベルが視覚的に表されるので、色を直感的に調整できます。コントロールの調整中は、波形/ヒストグラム/ベクトルスコープ モニタとビデオ プレビューがリアルタイムで更新されるので、その場で調整結果を確認できます。

カラー ホイールは、ASC-CDL(American Society of Cinematographers Color Decision List)パラメーターを編集するために使用します。

カラー ホイールの表示/非表示を切り替えるには、[ホイール]ボタン をクリックします。

カラー ホイールの中心点をドラッグし、各 Hue、Saturation を調整します。また、RGB のすべてのコンポーネントの輝度を同時に上げるには、カラー ホイールの横にあるスライダーをドラッグします。カラー ホイールをリセットするには、ポイントをダブルクリックします。輝度をリセットするには、スライダー ハンドルをダブルクリックします。

また、カラー ホイールの調整に Tangent Control を使用することもできます。詳しくは、"Tangent Control の使用" を参照してください。

色補正コントロールをドラッグすることで、少しずつ調整されます。コントロールを大きく動かすには、[Shift]キーを押しながらコントロールをドラッグします。

色空間の選択

[インスペクタ]ペインが表示されていない場合、ツール バーの[インスペクタ]ボタン をクリックして表示します。[色の調整]ワークスペースでは、[インスペクタ]ペインの[色空間]セクションに、ソースとグレーディングに使用する色空間が表示されます。

選択された色空間が、ソース色空間に対応しておらず、エクスポートできない場合は、警告が表示されます。

ソース色空間の選択

ソースの色空間を設定するには、[ロック解除]ボタン をクリックしてから、[ソース]ドロップダウン リストで色空間を選択します。設定を選択すると、ビデオ プレビューが更新されます。ソース色空間は自動的に検知されるので、通常は変更する必要がありません。

RAW または X-OCN ビデオの場合、[ロック解除]ボタン は表示されません。

[インスペクタ]ペインの下部にある[リセット]ボタン をクリックすると、[ソース]の色空間をクリップのメタデータに基づいてリセットできます。。

HDR/広色再現域の色空間の変換

[ソース]ドロップダウン リストで HDR 色空間または広色再現域色空間が選択されている場合は、[変換形式]ドロップダウン リストから別の HDR/WCG 色空間を選択し、選択した色空間のグレーディングを適用したり、選択した色空間で使用できるルック プロファイルを適用したりできます。

また、[変換形式] > [709(800)]を選択すると、HDR/WCG クリップを Rec.709 に変換することもできます。[709(800)]設定では、1D 曲線が適用されます。3D LUT を使用して HDR/WCG クリップを変換する場合は、ルック プロファイルを適用する必要があります。

[変換形式]ドロップダウンは、[作業色空間]の設定が[Rec.709][ログ]、または[ACES]のいずれかで、S-Gamut、RAW、および X-OCN のソース メディアを処理する場合にのみ使用できます。

詳しくは、 " ルック プロファイルの適用,""ハイパーガンマへのグレーディング,"または"ハイ ダイナミック レンジ(HDR)カラー グレーディング."を参照してください。

作業色空間の表示

[作業]ボックスには、カラー グレーディングに使用される色空間が表示されます。設定を変更するには、[オプション] ボタンをクリックして、[作業色空間]ドロップダウン リストから設定を選択します。

ビデオ プレビューの色空間の表示

[プレビュー]ボックスには、Catalyst Browse ビデオ プレビュー ウィンドウに使用される色空間が表示されます。設定を変更するには、[オプション] ボタンをクリックして、[プレビューの色空間]ドロップダウン リストから設定を選択します。

外部モニタの色空間の表示

外部モニタが有効になっている場合は、[外部モニタ]ボックスに、外部モニタに使用される色空間が表示されます。設定を変更するには、[オプション] ボタンをクリックして、[外部モニタの色空間]ドロップダウン リストから設定を選択します。

2 台目の外部モニタが接続されている場合、2 台目ではプレビューの色空間が使用されます。

露出、温度、濃淡の調整

[インスペクタ]ペインが表示されていない場合、ツール バーの[インスペクタ]ボタン をクリックして表示します。[色の調整]ワークスペースでは、[インスペクタ]ペインの[ソース設定]セクションに[露出][温度][濃淡]の各スライダーがあり、クリップの色情報を調整できます。

すべての色空間に対して、露出、温度、濃淡は使用できません。

Exposure Index(EI)

対応しているソース色空間を採用したクリップを選択すると、[EI モード]コントロールが表示されます。いずれかの[EI モード]ボタンをクリックして、露光指数の適用方法を選択します。

ファイルに EI メタデータが埋め込まれている場合、[インスペクタ]ペインの[ファイル]タブに EI が表示されます。

モード 説明

メタデータ

カメラの設定に基づく露出メタデータを自動的に適用するには、[メタデータ]を選択します。[露出]バー(1)と[EI]インジケーター(2)に EI 値が表示されます。

EI メタデータを含んだクリップを選択すると、このモードがデフォルトで有効になります。

ISO および EI の値には、再生停止時における現在のフレームの値が表示されます。

手動

露出を手動で設定する場合は、[手動]を選択します。

[露出]スライダー(1)に現在の EI メタデータの値が黒の線で表示され、現在の値の下に EI インジケーター(2)が表示されます。

このスライダーをドラッグするとビデオ全体の明るさを調整できます(すべてのフレームに一律の値が適用されます)。

オフ

露出の調整をオフにするには、[オフ]をクリックします。調整スライダーと露出値は表示されなくなり、元のままの感度が適用されます。

温度

[温度]のスライダーをドラッグすると、ビデオの色温度(単位はケルビン)が調整できます。色温度を調整すると、メタデータに保存されている色温度にオフセットされた値で Red Gain、Blue Gain が調整されます。

カメラに色温度メタデータが保存されていない場合、Catalyst Browse ではデフォルト設定の 3200K が使用されます。

濃淡

[濃淡]のスライダーをドラッグして、ビデオのカラー バランスを調整します。色温度を調整すると、メタデータに保存されている Tint の設定にオフセットされた値で Magenta Gain、Green Gain に調整されます。

コントロールをダブルクリックすると、その値がリセットされます。

ルック プロファイルの適用

[ルック]コントロールは、[作業色空間]の設定が[Rec.709]または[Log]のとき、HDR クリップにルック プロファイルや LUT を適用するために使用します。

[インスペクタ]ペインが表示されていない場合、ツール バーの[インスペクタ]ボタン をクリックして表示します。[色の調整]ワークスペースの[インスペクタ]ペインにある[ルック」セクションのコントロールでは、LUT をメタデータに基づいて自動的に適用するか、手動で適用するか、または LUT の処理をオフにすることができます。

カスタム ルック プロファイルの追加方法については、下の表で[手動]モードの欄を参照してください。

ルックの適用方法を選択するには、いずれかの[LUT モード]ボタンをクリックします。

モード 説明

メタデータ

カメラの設定に基づく LUT メタデータを自動的に適用するには、[メタデータ]を選択します。[埋め込み LUT]ボックスに LUT メタデータが表示されます。

このモードは、対応しているメタデータがクリップに埋め込まれている場合のみ使用できます。LUT メタデータを含んだクリップを選択するとこのモードがデフォルトで有効になります。

ファイルに LUT メタデータが埋め込まれている場合、[参照]ペインに バッジが表示され、[インスペクタ]ペインの[ファイル]タブに LUT が表示されます。

手動

LUT を手動で設定する場合は、[手動]を選択します。

  • [変換先]:クリップを別の色空間に変換する場合、このドロップダウン リストから設定を選択します。

  • [ルック プロファイル]:[変換先]の設定が[S-Gamut3.Cine/S-Log3]または[S-Gamut3/S-Log3]である場合、適用するルック プロファイルをここで選択できます。

    ルック プロファイル(.cube ファイルなど)を Catalyst Browse に追加するには、それらのファイルを以下のフォルダに保存し、アプリケーションを閉じてから再起動します。

    Windows:C:\Users\<ユーザー名>\Documents\Sony\Catalyst\Color\Looks\

    macOS:/Users/<ユーザー名>/Documents/Sony/Catalyst/Color/Looks/

    • sgamut-slog2 サブフォルダーは、S-Gamut/S-Log2 ソースに使用されます。

    • sgamut3cine-slog3 サブフォルダーは、S-Gamut3.Cine/S-Log3 ソースまたは[変換先]の選択肢に使用されます。

    • sgamut3-slog3 サブフォルダーは、S-Gamut3/S-Log3 ソースまたは[変換先]の選択肢に使用されます。

    • rec709-hlg サブフォルダーは Rec.709/HLG ソース用です。

    • rec2020-hlg サブフォルダーは Rec.2020/HLG ソース用です。

    • rec2020-pq サブフォルダーは Rec.2020/PQ ソース用です。

    • rec2020-slog3 サブフォルダーは Rec.2020/S-Log3 ソース用です。

    クリップのメタデータにルック プロファイルが指定されていない場合に、デフォルトのルック プロファイルを設定して適用するには、[手動]ボタンをクリックし、[ルック プロファイル]ドロップダウン リストから設定を選択します。[ルック]見出しの[ルック ツール]ボタン  をクリックし、[デフォルトに設定]を選択します。

    クリップの現在のルック プロファイルをデフォルトに置き換える場合は、[手動]ボタンをクリックし、[ルック ツール]ボタン をクリックして、[デフォルトにリセット]を選択します。

オフ

ルックの設定をオフにするには、[オフ]をクリックします。

クリップのメタデータに基づいて[ルック プロファイル]をリセットするには、[インスペクタ]ペインの下部にある[リセット]ボタン をクリックします。

トーン曲線の調整

[インスペクタ]ペインが表示されていない場合、ツール バーの[インスペクタ]ボタン をクリックして表示します。[インスペクタ]ペインの[トーン曲線]セクションに、赤、緑、青チャンネルをグラフィカルに調整することができるカラー曲線が表示されます。コントロールの調整中は、波形/ヒストグラム/ベクトルスコープ モニタとビデオ プレビューがリアルタイムで更新されるので、その場で調整結果を確認できます。

  • 特定のチャンネルを調整するには、カラー曲線 の下の[赤][緑]、または[青]ボタンをクリックします。すべての RGB コンポーネントを同時に調整するには、[白]ボタンをクリックします。

  • コントロール ポイントを追加するには、座標上いずれかの点をクリックします。

  • コントロール ポイントを選択して、ドラッグして調整します。

  • コントロールの調整中は、波形/ヒストグラム/ベクトルスコープ モニタとビデオ プレビューがリアルタイムで更新されるので、その場で調整結果を確認できます。選択したコントロール ポイントを削除するには、[ポイントの削除] をクリックします。

  • すべてのコントロール ポイントを削除するには、[インスペクタ]ペインの下部にある[リセット]ボタン をクリックします。

色補正スライダーの調整

[インスペクタ]ペインが表示されていない場合、ツール バーの[インスペクタ]ボタン をクリックして表示します。[色の調整]ワークスペースの[インスペクタ]ペインの[色補正]セクションに、赤、緑、青チャンネルの値を調整できる[明るさ][コントラスト][彩度][リフト][ガンマ][ゲイン]スライダーが表示されます。コントロールの調整中は、波形/ヒストグラム/ベクトルスコープ モニタとビデオ プレビューがリアルタイムで更新されるので、その場で調整結果を確認できます。

スライダーは、ASC-CDL(American Society of Cinematographers Color Decision List)パラメーターを編集するために使用します。

正確に制御するには、[Ctrl]キー(Windows)または[⌘]キー(macOS)を押しながらドラッグするか、数値をクリックして新しい値を入力します。 

[明るさ]スライダーをドラッグすると、ビデオ全体の明るさを調整できます。

[コントラスト]スライダーをドラッグすると、ビデオ全体のコントラストを調整できます。

明るさとコントラストは、ASC-CDL ファイルを使用して明示的に保存されません。ASC-CDL ファイルをエクスポートすると、[明るさ]および[コントラスト]の設定は、その他の色補正の値に組み込まれます。エクスポートした ASC-CDL ファイルを再ロードすると、[明るさ]および[コントラスト]は 0 に設定されます。

色の設定を Catalyst Browse および Catalyst Prepare と交換する場合は、[Catalyst Browse]ウィンドウの下部にある[ツール]ボタン をクリックし、メニューから[プリセットの保存]を選択して[明るさ]および[コントラスト]の設定を維持します。

詳しくは、 "色補正の設定のエクスポート""色補正の設定の適用."を参照してください。

[彩度]のスライダーをドラッグすると、ビデオの色の全体濃度を調整できます。

リフト、ガンマ、ゲインを調整するには、[R][G][B]スライダーをドラッグして各パラメーターの赤、緑、青コンポーネントを調整するか、[Y]スライダーをドラッグして、すべての RGB コンポーネントの輝度を調整します。

コントロールをダブルクリックすると、その値がリセットされます。

直前に行った操作を取り消すには、[取り消し] ボタンをクリックし、直前に取り消した操作を戻すには、[やり直し] ボタンをクリックします。

すべての色補正をリセットするには、[インスペクタ]ペインの下部にある[リセット]ボタン をクリックします。