参照および表示ツールを超えたフル機能のメディア準備ログ作成ツール
機能Catalyst BrowseCatalyst Prepare
形式
XDCAM 形式
XAVC Intra
XAVC Long GOP
XAVC Long 422, 3840x2160, 200Mbps エクスポート
XAVC S
X-OCN
Sony RAW
SStP
XAVC HS(読み込みのみ)
DPX 読み込み
DPX のエクスポート
OpenEXR 読み込み
OpenEXR エクスポート
DNxHD
ProRes (Windows上では読み込みのみ、macOS上では読み込みとエクスポート)
H.264
WAV(エクスポートのみ)
MP3(エクスポートのみ)
整理
クリップリストの表示および編集
ストーリーボード作成
サブクリップ作成
ライブラリを使用してクリップを整理
メディア ビン
チェックサム検証を使用してクリップをコピー
マークインとマークアウト間のコピー
(MXF/EX)

(あらゆるファイル)*
プレフィックス、番号、およびサフィックスを使用した名前の一括変更
マルチチャンネル オーディオファイルのオーディオチャンネルを管理
ドラッグ&ドロップによるフォルダ間でのコピー(およびPrepareの場合は、ビン間でのコピー可能)
エクスポート
バッチトランスコード
(ソース設定が同じ場合)
イン/アウト ポイント間のトランスコード
色設定を含めてエクスポート
トランスコード プリセットのロード、保存、および削除
SDおよびHDソースを最新のプログレッシブHDおよびUHDアセットに変換
クリップ名、タイムコード、およびウォーターマークのクリップへの書き込み
ストーリーボードを EDL(Catalyst Edit、Vegas、Fianl Cut、Premiere)としてストーリーボードをエクスポート
エクスポート時にオーディオチャンネルをマッピング
プロキシをソースクリップとして使用してトランスコード
コピおよびエクスポート時にスタート タイムコードをオーバーライド
エクスポート時にアスペクト比をクロップ
他の形式にDPXをトランスコード
他の形式にOpenEXRをトランスコード
XDCAM用にセグメント化されたボディ パーティションを変換
チェックサム検証を使用してフルボリュームのバックアップ
Ci へのオリジナル クリップのアップロード
トランスコード形式でクリップをCiにアップロード
色設定を含めてクリップをCiにアップロード
タイムコードの書き込みやクリップ名、または両方を含めてクリップをCiにアップロード
クリップをYouTubeにアップロード
カラー グレーディング
グローバルでの色調整
クリップごとに色を調整
選択されたクリップへのカラー プリセットとルックの一括適用
Sony デバイスの色空間コントロール(S-LogおよびS-Gamut)
HDR色空間の読み込みとレンダリングのサポート(S-Log3、HLG、および PQ)
SR Live 設定をクリップメタデータから読み込み、クリップ設定または手動調整を使用して、標準とハイダイナミックレンジ間で変換
SDRゲイン:標準とハイダイナミック レンジコンテンツ間の変換
SDRニーカーブ:HDRコンテンツをSDR形式にエクスポートまたはSDRディスプレイで表示する場合、中間の色およびハイライトを維持
SDR ニーサチュレーション:HDRコンテンツをSDR形式またはSDRディスプレイで表示する場合、ニーカーブの周りの低下したサチュレーションを相殺
SDRの黒のレベル:作業色空間がRec.2020/S-Log3 (HDR)に設定されている場合、黒のレベルを調整
ASC-CDLを選択されたクリップに適用
高質のSony RAW開発
3通りのカラーホイール グレーディング
カーブ グレーディング
ASC-CDL(.cdl)色補正設定をインポート
色補正設定をASC-CDL(.cdl)または3D LUT(.3dl または .cube)としてエクスポート
ターゲットデバイス サポート(Tk/Mf/Kb/Wave)
その他
メタデータを使用してクリップの手ブレ補正
クリップ回転メタデータのサポート
Blackmagic Designを介した外部モニター
(デバイス1台)

(デバイス2台)
複数のクリップを結合して、1つの連続クリップを作成
アナモフィック デスクイーズ
フラッシュ バンド補正
カスタムメタデータをサイドカーファイルとしてエクスポート
MXFクリップのエッセンスマークの追加、削除、または編集
MXFとメタデータからのマークイン ポイントとマークアウト ポイントの読み込み
MFXコピー時に新規ノンリアルタイム(NRT)メタデータを作成する場合、不連続タイムコードとエッセンスマークのためのNRTメタデータを作成
ソースクリップとライブラリ間のマークポイントの同期化
FTPデバイス上のクリップの読み込みとエクスポート
FTPを介したSonyデバイス間の高速デバイス間コピー
SonyデバイスとSony以外のデバイス間でのクリップのコピー
FTPやFTPSを介してSonyデッキからgrowing MXFファイルをコピー
Sonyデッキにより生成されたgrowing MXFファイルを解消
PZW-4000上のFTPを介してSxSメディアとUSBSストレージへのクリップの書き込み、クリップ名の変更、およびクリップの削除
Sony PZW-4000デッキ向けにUSBドライブをフォーマット
USBドライブまたはSxSメディア上にXDROOTフォルダを作成
Catalyst Editとの相互運用性
Catalyst Editタイムラインへのドラッグ&ドロップ
GPS メタデータ
GPS メタデータのマップ表示
メタデータフラグのOK/NG/KEEP を表示; フラグ別にソートおよびフィルタ

*一部の形式では、Prepare で部分コピーを行うにはトランスコードが必要になります。

Catalyst Browse の動作環境

  • 64 ビット オペレーティング システム:Microsoft® Windows 10 またはmacOS 10.13 (High Sierra), 10.14 (Mojave), or 10.15 (Catalina)
  • 2GHzマルチコア プロセッサ
    • 4Kメディアには8コアプロセッサを推奨
    • XAVC Sメディアには、Quick Sync VideoまたはXeonE5プロセッサが搭載されているIvy Bridge Core i7を推奨
    • 4:2:0 XAVC HSメディアには、Quick Sync Videoが搭載されているKaby Lake Core i7プロセッサーを推奨
    • 4:2:2 XAVC HSメディアにはQuick Sync Videoが搭載されているIce Lake Core i7プロセッサーを推奨
  • 500 MB 以上のハードディスク空き容量(プログラムのインストール用)
  • 4Kまたはそれ以上のメディアにはソリッド ステート ディスク(SSD)または高速RAID
  • 8 GB RAM(4Kまたはそれ以上のメディアには16 GBを推奨)

    XAVC Long 422 3840x2160 200 Mbps(Sony) トランスコーディングプリセットには、16 GB以上のRAMが必要です。さらに、専用の GPU をご使用の場合は、4 GB 以上の GPU メモリも必要になります。

  • 少なくとも1024 MBのメモリを搭載した OpenCL 1.1 以上をサポートする NVIDIA、AMD/ATI、または Intel GPU か、あるいは SSE 4.2 以上の CPU
    • 最適なパフォーマンスを得るには、OpenGL 2.1を推奨
    • ビデオの手ブレ補正処理には、OpenGL 4.1 が必要です。
    • 4K プレビュー、HDレンダリング、またはHDビデオの手ブレ補正処理には 4 GBを 推奨
    • 4Kレンダリングまたは4Kビデオの手ブレ補正処理には、6 GBのGPUメモリを推奨
    • XAVC S または XAVC HS メディアのデコードには6 GBのGPUメモリを推奨します。また、NVIDIA、AMD / ATI、またはIntelの最新のGPUドライバーバージョンを使用することを推奨します。 macOSは、XAVC S または XAVC HS メディアのソフトウェアデコードを提供します。
ソフトウェアを有効にするには、登録情報を米国の Sony Creative Software Inc. に送信する必要があります。製品のオンライン登録が必要です。
Sony Creative Software inspires artistic expression with its award-winning line of products for digital video production. The Catalyst Production Suite fuses powerful media preparation and fast, focused video editing to provide the backbone for your video productions.
サイン アップ
Follow Us Facebook Twitter YouTube